機械翻訳の変革

ビジネスのあらゆる分野と同様、テクノロジーは機械翻訳にも変革をもたらしています。 翻訳品質向上のためニューラルネットワークを導入したことにより、機械翻訳は近年目覚ましい発展を遂げてきました。 ニューラル機械翻訳(NMT)モデルの導入は、広く普及している統計的機械翻訳(SMT)モデルに対する挑戦です。翻訳スピードと翻訳品質の大きな変化をもたらし、人工知能ベースのアプローチを取り入れることによる無限の可能性が明らかになりました。

選択する機械翻訳のメソッドがSMTであるか、将来的にNMTが主流となるかにかかわらず、翻訳ワークフローをスケーラブルかつ効率的に管理する必要性は変わりません。 現在も、ポストエディットや最終レビューのプロセスを管理するSMEに代わるものはありません。 こうしたレビュー担当者に求められるのは、ソース言語のニュアンスが適切に翻訳に反映され、最終版のメッセージが配信先の文化基準や価値観に沿ったものになるようにすることです。

「翻訳システムから得られる品質は、生身の翻訳者の平均的な品質に近づきつつあります」

— Google翻訳グループ

機械翻訳の導入

Cloudwordsプラットフォームは、Lilt、Google翻訳、MSFT翻訳など、さまざまな機械翻訳エンジンと統合されています。 また、お客様の翻訳要件に合わせて、複数の導入オプションやワークフローオプションに対応しています。 例としては、 機械翻訳のみの使用、ポストエディット処理と機械翻訳の併用などがあります。後者の場合は、ランゲージサービスプロバイダー(LSP)の採用か、LSPの人手によるレビューと社内SMEの併用のいずれかを選ぶことができます。 ワークフローにCloudwordsの翻訳メモリを活用すれば、市場投入までの時間を短縮し、同じ用語の訳語に一貫性があることを確認できるほか、最終版の翻訳がブランドイメージに沿うようにするとともに、社内用語の遵守を徹底するといったメリットも得られます。 

Cloudwordsは、ローカライゼーションプロセスを高度に効率化することで、トップ企業のグローバルな成長を促進し、国際競争力を高めることを目的として設立されました。 今後もクラス最高のマーケティングテクノロジーとの統合を図り、優れた翻訳手法を活用することで、ローカライゼーション産業における新たなテクノロジーの進歩をお客様が最大限に活用できるようにしていきます。 

「統計に基づくフレーズベースのMTを用いた現在のアプローチは、その寿命に達したと言っていいでしょう」

— Facebook社言語技術責任者、Alan Packer氏

Cloudwordsによる機械翻訳のワークフロー

  • ワークフローは、既存のマーケティング自動化システム、Web CMS、ファイル共有プラットフォーム、ナレッジベースから始まります
  • ソースシステムのコンテンツはCloudwordsによって自動的に抽出され、お客様がご使用の翻訳メモリを活用して機械翻訳されます
  • 現場のマーケティングレビュー担当者、ポストエディット担当者、SMEのいずれかが、コンテンツがブランドイメージやメッセージと一致し、適切にローカライズされているかどうかを確認します
  • コンテンツのレビューとポストエディット作業が済むと、コンテンツは「承認済み」に分類され、機械翻訳で翻訳メモリが更新されます
  • Cloudwordsが自動ですべてのコンテンツをソースシステムに戻してパブリッシュすると、コンテンツはキャンペーンとして投稿・配信・実行できるようになります

 

 

Cloudwordsをぜひ体験してください